O H T A K E L A B., K O G A K U I N U N I V.

▍教員紹介   ▍メンバー   ▍メンバー専用   ▍研究   ▍イベント   ▍出版論文   ▍学会発表   ▍その他成果   ▍講義   ▍ホーム

  • 大竹 充  Mitsuru OHTAKE
  • 博士(工学)/ 助教
    Dr. Eng. / Assist. Prof.
  • mitsuru<at>cc.kogakuin.ac.jp (<at>を@に変えてください)
  • 職歴
    Sep. 2015 - present:
      工学院大学 工学部 電気電子工学科 (電気システム工学科)・助教
      Assitant Professor, Faculty of Engineering, Kogakuin University
    Oct. 2015 - present:
      中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科 二本研究室・共同研究員
      Researcher, Faculty of Science and Enginnering, Chuo University
    Apr. 2011 - Aug. 2015:
      中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科・助教
      Assistant Professor, Faculty of Science and Engineering, Chuo University
    Apr. 2009 - Mar. 2011:
      日本学術振興会・特別研究員DC2
      Research Fellow, Japan Soceity of the Promotion of Science
  • 生年
    1983年
  • 出身
    横浜
  • 趣味
    犬,旅行,音楽・映画・ドラマ鑑賞,料理
  • 最終学歴
    中央大学大学院 理工学研究科 電気電子情報通信工学専攻・博士課程後期課程
  • 専門分野
    電気電子材料,ナノテクノロジー,電子デバイス,電気機器
  • 所属学会
    日本磁気学会(2005-04~現在)
    IEEE (The Institute of Electrical and Electronics Engineers)(2006-12~現在)
    電子情報通信学会(2006-08~現在)
    応用物理学会(2007-02~現在)
    応用物理学会 応用電子物性分科会(2007-02~現在)
    応用物理学会 薄膜・表面物理分科会(2007-02~現在)
    日本金属学会(2008-11~現在)
    日本鉄鋼協会(2011-01~現在)
    電気学会(2015-08~現在)
  • 日本表面科学会(2006-04~2011-03)
  • 学会委員
    日本磁気学会・論文編集委員(2013-06-01~現在)
    ・論文誌「Journal of the Magnetics Society of Japan」(2013-06-01~現在)
    ・学会誌「まぐね」(2015-06-01~現在)
  • 表彰
    平成28年度 日本磁気学会 論文賞(2016-09)
    第30回井上研究奨励賞(2014-02)
    2011年度 船井研究奨励賞(2012-04)
    平成22年度 中央大学 渋谷健一奨励賞(2011-03)
    Best Poster Award at the 1st International Conference of Asian Union of Magnetics Societies(2010-12)
    平成22年度 日本磁気学会 学術奨励賞(2010-09)
    平成21年度 中央大学 学員会会長賞(2010-03)
    平成21年度 中央大学 渋谷健一奨励賞(2010-03)
    第22回 安藤博 記念学術奨励賞(2009-06)
    平成20年度 中央大学 学員会会長賞(2009-03)
    電子情報通信学会 磁気記録・情報ストレージ研究会 専門委員長賞(2008-03)
    平成19年度 中央大学大学院 電気電子情報通信工学専攻 修士論文発表会 優秀賞(2008-03)
    Student Travel Award at the 10th Joint MMM/Intermag Conference(2007-01)
  • メッセージ
    大学生だから出来ることにチャレンジしてもらいたいです。 自分自身に責任がある大人であり、時間の使い方にこれほど自由度があるのは今だけです。 小さなことでも構いませんので目標を見つけ、努力してみては。 また、様々な知識を学ぶことはもちろん、それを活かす能力も身につけてもらいたいです。 それが自分自身の道を開いていくことになります。
PageTop